最新情報強者ブログ

*

消費税が10%になるのはいつ?住宅や車その他高額品は買っとくべきか?

      2014/11/13

消費税が上がるというニュースをみて10%にいつ上がるのか?

と疑問を持った人は多いと思います。

そこで今回は消費税がいつ10%になるのか?

増税前に何か買っておいたり、行っておいたほうがよいことをご紹介します。

スポンサーリンク

消費税が10%になるのはいつ?

結論から言います。

消費税は2015年10月に10%〔消費税7.8%/地方消費税2.2%〕

に上がることが予定されています。

といいたいところですが、2014年4月に行われた

消費税増税の影響で想定されていたより景気回復せず、

それを1年半あとおくりにする方針も固められているようです。

2017年4月に消費税を10%にするとのことです。

まだ、明確には決まっていないですが、おそらく延期になると

思います。

現在の税収は毎年約10兆円ほどです。

011

上記のグラフを見るとわかりますが、消費税は毎年安定して

約10兆円もの税収があります。

逆に、所得税が落ちてきているのがわかります。

所得税が落ちてきているということは、年収が減っていると同義です。

日本の場合、生活必需品にも同率に10%かかるわけですから

さらに、消費を抑える傾向になるのは間違いないでしょう。

結局全体としてそういう傾向になるので正直増税しても

どうなるかは分からないのです。

けれども政府は結果をみて判断する、だめだったら戻すと述べています(おそらく何かしら理由をつけて戻すことはないでしょうが)

OECDのグリア事務総長も断行するべきだと主張しています。

日本は、今一時的に消費が沈んでいるだけで必ず今後復活するとのこと。

 

スポンサーリンク


消費税はなぜ増税されるのか?

これに関しては、財務省が述べています。

「少子高齢化による社会保障費増加で現役世代の負担が大きくなっている。

ここから法人税、所得税の増税を行えば現役世代の負担がさらに大きくなってしまう。

だから高齢者含め、全員でその負担を分かち合うためだ」

財務省HPより http://www.mof.go.jp/faq/seimu/04.htm

04a_big

たしかに、所得税や法人税は下がっているから企業も現役世代にも体力が

なくなってきている証拠ですね。

これ以上現役世代に負担をかけるわけにはいかないというわけですね。

少し違和感を感じます。私も何かがひっかかています。

増税する前に買っておくべきものや行っておくべきこと

おそらく増税するのはもう確定で2015年10月に10%になります。

なので増税前にすることは消費税負担が大きくなるものを買うことですね。

マイホーム、車、家電です。

場合によってはローンをくんでもいいでしょう。

あとは、食料品、衣服の買いだめです。

増税前にはまたスーパーで品切れを起こす可能性があります。

ただ、増税前だからと焦ってほしくもないものを買うのは本末転倒なので

本当に必要なものだけ買いに行きましょう。


スポンサーリンク


  関連記事

3s政策でマインドコントロールされ愚民化する日本人

3s政策というものを ご存知でしょうか? もしも知らない場合は、あなたは かなり …

ボッチ朗報!携帯電話税導入か。対象は日本人の9割

ぼっちのかたに朗報!?です。 自民党が携帯電話税の導入をもくろんでいるようです。 …

衆議院解散とは。意味をわかりやすく解説。理由はなぜ?

どうも。 今日は、衆議院解散ですね。   は!?何故解散した? そもそ …

大衆は、バカで無知で愚かだ。オルテガ、ヒトラー、ナイチンゲール。

    大衆というのは、愚かです。 なぜなら、考えるというこ …

日本の三権分立とは?わかりやすく解説。問題点は?図あり

どうも。 今回は、日本の3権分立について 詳しくわかりやすく解説し、 その問題点 …

東京オリンピック経済効果や メリットデメリットは?株は?

どうも。 2020年に東京でオリンピックが 開催されますね。 まだまださきだろと …

イスラーム国って何?わかりやすく解説‼日本人も聖戦士へ

8月中旬に、日本人がイスラーム国に拘束されたとして話題になりました。 イスラーム …

一票の格差を超 わかりやすく‼問題点や意味、違憲はどうなる?

どうも。 最近何かと衆議院選挙ブームです。 私の中でですが。 今回は、タイトル通 …

安楽死に賛成反対?理由や反論意見は?

今日は、突然の話ですが 安楽死のことについて話していきたいと 思います。 さまざ …

韓国の学歴社会の理由や原因はなぜか?

どうも。 今回は、韓国の学歴社会について その理由や原因を添えて 考察を案じえて …