真実を追求するブログ

*

公開市場操作とは?公定歩合操作との違いなどわかりやすく解説。

      2016/01/15

どうも。

今回は、金融政策でとられている

公開市場操作と公定歩合操作について

その違いやそれぞれの意味などを超わかりやすく

解説していきます。



公開市場操作

日本銀行外観公開市場操作は、英語でオープン・マーケット・オペレーション

といいます。

公開市場操作とは、市中の資金量を調整するために

国債や手形などの有価証券を売買する政策のことです。

 

どういうことなのか。

たとえば、日本銀行が10億円の国債を売ったと

しましょう。

その場合、日本銀行が所持していた10億円分の債券が

市場に流れます。その代わりに日本銀行は、国債を

売って得た10億円を手に入れます。

こうなると国内の通貨量を減少することができます。

デフレに向かっていきます。

 

10億円分の回収をしたということですね。

逆に、日本銀行が10億円の国債を購入したと

しましょう。その場合は、どうなるかというと

逆に、市場に10億円が流れ出ることになります。

市場の通貨量が増えました。そしてインフレになっていきます。

 

このように日本銀行が有価証券を売買して

いくことを公開市場操作といいます。

ちなみに、

日本銀行が有価証券を売ることを

売りオペレーション。

買うことを買いオペレーションといいます。



公定歩合操作

公定歩合操作とは、

これは、シンプルです。

日本銀行が市中金融機関に資金を貸し出すときの

利子を上下することです。

利子を上下するとどうなるのか。

たとえば、経済活動が衰退したとき

デフレの時は、日本銀行が市中の金融機関に

貸すお金の金利を下げます。そうすると銀行も

お金を借りやすくなります。そして銀行が日本銀行

から借りたお金は、銀行が民間企業などに貸し出すことに

なります。当然、日銀の金利が下がったのでこの貸し出す

金利も下がります。

そうすると民間企業は、お金を借りやすくなり結果的に

市場の通貨量が多くなります。

インフレに向かいます。

逆に、経済活動が活発しすぎた場合。

つまり、インフレになりすぎた場合。

この場合は、日銀は、金利を上げます。

そうすると銀行も金利を上げるので民間企業は

金を借りなくなります。

結果的に、市場に流通する通貨量は

減っていきます。

デフレに向かいます。

これが、公定歩合操作です。

まとめると、

公開市場操作は、日本銀行による有価証券の売買。

公定歩合操作は、日本銀行による金利の調整。

と言えるでしょう。

おすすめ記事

原発問題をわかりやすく‼賛成?反対?原子力発電の仕組み

内閣不信任決議案の意味や流れをわかりやすく解説

小選挙区比例代表並立制 のしくみをわかりやすく解説。長所や問題点は?



  関連記事

自民党圧勝‼日本で徴兵制復帰はあり得るのか?集団的自衛権は?

やはりというかなんというか 今回の選挙では自民党の大勝利に終わりました。 ただ、 …

法人税減税(引き下げ)はいつから?メリットやデメリットは?

どうも。 今回は、最近巷で騒がれている 法人税減税(引き下げ)はいつからなのか? …

熊本地震被害は少ない。原因と海外の反応。予言?南海トラフ地震の前兆か?

  達哉です。 熊本で地震が起きてしまいましたね・・・   …

キューバ危機 わかりやすく解説!当時の政治状況は?

どうも。 今回は、キューバ危機についてわかりやすく解説 していきます。当時の政治 …

円安円高を超わかりやすく解説‼仕組み?どっちがいい?

どうも。 今回は、円安と円高の意味について。 仕組みやメリットや影響。 どっちが …

東京オリンピック経済効果や メリットデメリットは?株は?

どうも。 2020年に東京でオリンピックが 開催されますね。 まだまださきだろと …

日本の三権分立とは?わかりやすく解説。問題点は?図あり

どうも。 今回は、日本の3権分立について 詳しくわかりやすく解説し、 その問題点 …

同一労働同一賃金とは?メリットやデメリットは?

最近の非正規労働者の増加に 伴い同一労働同一賃金の導入が 懸案されています。 こ …

タックスヘイブンのメリットデメリット。国一覧。パナマ文書日本リスト・・・

  タイキです。 巷では、タックスヘイブンやらパナマ文書やらで騒がれて …

消費税の軽減税率とは?わかりやすく解説‼導入して自公はどうする?

どうも。 自民党が公明党と連立政権を取って アベノミクスを強化するとのことです。 …