最新情報強者ブログ

*

今回の衆議院解散の目的やメリットは?理由はなぜ?

      2014/12/04

どうも。

衆議院が解散しましたね。

驚いたかたもいると思います。

そこで安倍総理が今回の衆議院解散の目的やメリット

理由はなぜなのか?株価はどうなるのかについて詳しく

わかりやすく解説、考察していきたいと思います。

前の記事も参考にしてみてください

衆議院解散とは。意味をわかりやすく解説。理由はなぜ?

スポンサーリンク

衆議院解散の理由は?

明確には、わかっていませんが

一つに、消費税増税を食い止めるためだとも

言われています。

616b0606

①消費税増税で揉めた?

安倍総理に至っては景気が回復するまで

消費税増税はしないといっていますが、

反対に衆議院の一部で消費税を今すぐ

増税するべきだと財務省などは主張しているのです。

アベノミクスは間違いなく失敗しました。

詳しくは、こちら

アベノミクスが失敗、その理由、原因は。自民党はどう責任を取るのか。

反対に財務省は、増税をしないと国債価格が下がるので

やばいと言っています。

しかし、これは当てはまりません。

日本国債はほとんど日本人が保有しています。

外国人が所有しているならばギリシャのようになる可能性が

ありますが日本のようなケースの場合は、それはあり得ません。

財務省はまったくのでたらめを言っているといえるでしょう。

 

②国民にアベノミクス失敗を選挙で問うつもりか?

あきらかにアベノミクスは失敗しているわけですが

安倍総理はそれをなかなか認めません。

解散して選挙で国民に信を問うべきだと

考えたのです。

 

③自民党が選挙で復活できるぎりぎりのチャンスか?

今の段階では、アベノミクスが失敗したと

認識している国民はほとんどいません。

もしアベノミクス失敗が露呈したら自民党はどのように

責任をとるんだ!?という話になりますよね。

その場合は、選挙まで待っていたら自民党が野党になる可能性が

ありますよね。

それをさけるために事前に解散して選挙しようということです。

まだ、自民党も自席を伸ばせる可能性があります。

アベノミクス失敗が国民にばれた後だと、自民党が自席を

とれる可能性が減りますよね。

img_34

まとめ

いかがでしたでしょうか。

参考になりましたら幸いです。

おすすめ記事

消費税増税のメリット、デメリットは?簡単に解説

アベノミクスが失敗、その理由、原因は。自民党はどう責任を取るのか。

法人税減税(引き下げ)はいつから?メリットやデメリットは?


スポンサーリンク


 

 

 

  関連記事

02_04_15
議員内閣制のしくみや意味をわかりやすく。問題点も。

どうも。 今回は、議員内閣制の仕組みを わかりやすく解説していきたいと 思います …

9e37aa2c7aee56d7bef4b1734037f47f_tn608
衆議院解散とは。意味をわかりやすく解説。理由はなぜ?

どうも。 今日は、衆議院解散ですね。   は!?何故解散した? そもそ …

no image
共産主義や社会主義とは?違いや特徴をわかりやすく解説。

  こんにちは、 「共産主義とか社会主義とか最近ニュースで よく聞くけ …

Symbol_of_jcp
共産党とは?わかりやすく解説‼なぜ嫌われる?宗教や右翼とは

どうも。 今回は、前回自民党と民主党の政策や公約などの違いについて 詳しく解説し …

m73962
日本移民の受け入れに反対!デメリットや未来について

    私は、日本が移民を受け入れることに 関しては、絶対に …

japan-earthquake-2011-4-1-9-21-22
原発問題をわかりやすく‼賛成?反対?原子力発電の仕組み

どうも。 今回は、原発問題について わかりやすく解説していきたいと 思います。 …

abe
内閣不信任決議案の意味や流れをわかりやすく解説

どうも。 今回は、内閣不信任決議案の意味や 流れについて超わかりやすく解説 して …

nejirekokkai
ねじれ国会とは?原因や問題点をわかりやすく解説!図あり!

ねじれ国会とは何なの?わかりやすく! どうも。 衆議院が解散しましたね。 可能性 …

01192
アベノミクスが失敗、その理由、原因は。自民党はどう責任を取るのか。

アベノミクスによって株価は上がっているが、消費税増税もあり やはり景気は落ち込ん …

N784_suwarisumafowoijirudansei500-thumb-750x500-1764
若者の投票率が低い。選挙離れの理由や原因や問題点は。

日本の若者の投票率がものすごく低いです。 昨日は、衆議院選挙だったのですが、 衆 …