最新情報強者ブログ

*

お金を稼ぐ人は、なぜ、筋トレをしているのか?千田琢哉評判レビュー口コミ

   

 

タイキです。

先日、千田琢哉さんの

「お金を稼ぐ人は、なぜ、筋トレをしているのか?」

という本を読んでみたので今回は、その内容ネタバレ感想について

話していこうと思います。

こちらの本です。

千田琢哉さんといえば、ビジネス書を出版している作家さんですね。

_jS6p06E_400x400

沢山の本を出版されているため、彼のファンも数多くいます。

 

「筋トレをする人はなぜ仕事で結果を出せるのか」

という本を以前にも出版していましたが、こちらの方が売れているようです。

Amazonランキングでもかなりの差がありますね

 

「お金を稼ぐ人は、なぜ、筋トレをしているのか?」について

 

筋肉もビジネスも工夫と継続で決まる!金力=筋力。お金持ちになる体のつくり方。

というのが、氏の主張だそうです

 

確かに、そうですね。

仕事をバリバリとこなして稼ぐためには、まず前提として

「健康な肉体」が必要です。これがあるからこそ、仕事で成果を出すことが

できるのです。

 

健康に無頓着なのは、若いうちはともかく中年になってくると

いろいろ体に限界が来たり、腹が出てきたリします。

 

053-pic

 

これは、いくらなんでも男としてかっこ悪いですし、

こういった人は、自己管理ができていない仕事ができない人

として認識されてしまうでしょう。

 

部下や女性には、見下されたり、ネタにされてしまう可能性すらあります。

やはり、いくつになっても肉体のケアはしっかりとしておきたいところですね。

 

23-217x300

体が引き締まっていれば、シンプルなシャツでも似合いますが、

メタボであるとただ暑苦しいだけです。

 

アメリカでは、男は筋トレをして筋肉をつけるものだ

という風潮があり、年収が高いエリート層ほど筋トレをしている割合が

多いといわれています。

 

「お金を稼ぐ人は、なぜ、筋トレをしているのか?」

この本は、具体的な筋トレノウハウが公開されているわけではありません。

ただ、筋トレの啓発本といったところでしょう。

 

ビジネスと筋肉の関係がやや無理矢理だな・・・と感じましたが、

それでも自分の肉体をしっかりとケアをしておくことは大切だと思います。

部下や年下の若造からも舐められることはないですし、

メタボで腹が出ている親父は、女性から見たら「生理的に無理」と言われるレベルです。

 

そういう意味でも、仕事、プライベートを充実させるためにも

筋トレをしてかっこいい肉体を作るのは、男の人生にとって

かなり重要なことでしょう。

 

追伸

 

バトルサラリーマン ~肉体をアゲて男を上げろ!~

確固たる肉体を手に入れる今後主流になりうる最新トレーニングメソッド公開!

dswqa

>詳細はこちらをクリック

  関連記事

ケトン体が人類を救う評判レビュー感想。宗田哲男。

  タイキです。   先日、ベストセラーでもあるケトン体が人 …

no image
タウンライフ不動産売買の評判レビュー。

  タイキです。 今日は、ダーウィンシステム株式会社が運営している タ …

ジョコビッチの生まれ変わる食事あなたの人生を激変させる14日間プログラム感想レビュー。内容ネタバレ

  こんにちは、タイキです。 今さらですが ジョコビッチの生まれ変わる …

白米が健康寿命を縮める 最新の医学研究でわかった口内細菌の恐怖 花田信弘

  タイキです。 先日、 白米が健康寿命を縮める 最新の医学研究でわか …

1日10分歩き方を変えるだけでしつこい肩こりが消える本 宮腰 圭評判レビュー

    タイキです。 先日宮腰圭さんの「1日10分歩き方を変 …

no image
体を壊す10大食品添加物渡辺雄二。書評レビュー

    タイキです。 先日、渡辺雄二さんの「体を壊す10大食 …

no image
ココロでやせるダイエット評判レビュー。心屋仁之助和田ゆみこ。感想書評

    タイキです。 心屋仁之助さんと和田ゆみこさんのっ共著 …

no image
富裕層マーケティング 仁義なき戦略。ダン・S・ケネディ

    タイキです。 ダイレクト出版で「富裕層マーケティング …

no image
J-TALK Travelの口コミ評判。海外旅行、出張のいざというときの必需品!有人通訳サービス

  こんにちは、 今回は、海外旅行、出張のいざというときの必需品!有人 …

no image
最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き

タイキです。 神田昌典さんの 新刊「最強のコピーライティングバイブル――伝説の名 …